いざヴァンベールを契約しようと思っても、もし自分に合わなかったりやっぱり気が変わったらどうしよう…と心配な人もいるかと思います。

でも、ヴァンベールはクーリングオフ制度と、中途解約制度があるので安心してください。

ここでは、その方法について説明していきます。

 

ヴァンベールをクーリングオフで解約する場合

まずは、クーリングオフについてです。

この制度は、一定の期間内であれば消費者が事業者との間で結んだ契約を一方的に解除できるというものです。

ただ、この制度は、消費者保護のための例外的な制度であって、ヴァンベールは下記の項目に該当するためクーリングオフが適用できるようになっています。

・業者が個別に契約内容にクーリングオフを想定している場合

ヴァンベールのホームページを見てみると、「クーリングオフにも迅速にお答えします」と表記があるので大丈夫です。

契約書にも記載があるはずなので、きちんと確認しましょう。

そして、クーリングオフには適用期間があります。

それが、契約書を交わした日から8日間です。

この日程を過ぎればクーリングオフできないので、注意が必要です。

クーリングオフは、口頭だと、言った言わないの証明が難しいので、書面で申し出るのが一番です。

特に普通郵便だと届いた・届いていないというトラブルが生じる可能性があるので、配達証明付内容証明を利用してください。

 

ヴァンベールをクーリングオフを使わず途中で解約する場合

次に、中途解約についてです。

ヴァンベールは、エステティックサロン認証制度から認証を受けています。

この認証を受けたサロンは、「無理な勧誘は行わないこと」「解約はいつでも受け付けます」という体制を整えています。

ヴァンベールも例外ではありません。

その為、ヴァンベールは法律に基づいた適正な契約を行っているため、お客様相談担当者に話をすれば、解約についても承ってくれます。

ちなみに、中途解約における違約金の上限があります。

サービス開始前だと、20,000円です。

サービス開始後だと、20,000円か、契約残額の10%の金額のうちどちらか低い額と定められています。

つまり、20,000円より高い違約金は請求されないということです。

莫大な違約金を請求されるのでは?!と思っていた人は安心じゃないでしょうか?

 

ヴァンベールの解約は安心

施術を受けて合わなかったので、解約したい…と思ったら、すぐヴァンベールのスタッフに相談してください。

エステサロンは、悪徳な業者も多いのですが、ヴァンベールのようにクーリングオフや中途解約制度がしっかりしているなら安心です。

ただ、途中で解約…などにならないようにも、まずはお試しなどでサロンの良さを知ってからでもいいかもしれませんね。

→1ヶ月集中コースが9800円ってホント!?